著者アーカイブ ishi

著者:ishi

【医師転職】医師の転職でもコミュニケーションは重要?

医師免許は、数ある国家資格のなかでも特別なものです。持っていれば一生困らず、日本中どこでも働くことができる資格です。とはいうものの、だからといって簡単に転職ができるかというと、そうではありません。

医師は、激務の割に給料が低かったり、結婚や出産などといったライフスタイルの変化に伴って時短勤務をしたかったり、もっと研究をしたい/もっと手術をしたいなどといったスキルアップについての目標があったりしたときに、転職を考えますが、医師免許さえもっていたら、だれでも好きなところに転職できるわけではありません。

医師の転職でも、一般企業と同様に、コミュニケーションスキルもある程度必要です。テレビドラマなどでは、ゴッドハンドと呼ばれるような優秀な医師が一匹オオカミで治療していたりしますが、現実世界に協調性は欠かすことができません。訪問診療や外来で患者と接する際にも、患者の話を聞いたり、患者がうまく伝えられない苦しみをくみ取ったりする必要があります。ですから、医師の転職時の面接では、いかにコミュニケーションができるかもチェックされています。

医師もサービス業のひとつと考え、医療の腕だけでなく、コミュニケーションスキルも身につけましょう。医師の腕前とコミュニケーションスキルがあれば、あなたを待っている職場はきっとたくさん見つかります。

著者:ishi

【医師転職】海外の病院の面接について

医師のキャリアアップのために、研究のために海外に留学したい、海外の病院に転職したい、とお考えのみなさん。医師の海外転職・海外留学に必要なことをお伝えします。

まずは、英語力は大切です。語学留学をするのでなく、英語の医療の現場で医療を学ぶのですから、学ぶツールである言葉がわからないのでは話になりません。医療の専門用語や、それを使った口語表現などがわかるレベルまで、英語力は高めておきましょう。忙しい医師の方には、WEBレッスンがおすすめです。

また、留学にはお金が必要です。海外の病院に転職する際、海外の病院からお給料がもらえる場合もありますが、それでもやはり、奨学金制度などを利用したほうが良いでしょう。たとえば、岐阜県の木沢記念病院などは、最大年間500万円の奨学金制度があります。

それから、いくらお金があっても、あなたが学びたい海外の大学や病院が受け入れてくれないと話になりません。そのためには、留学先を探さなくてはなりません。現在のボスが紹介してくれたり、先輩が留学している先をそのまま交代するように引き継げるなら幸運ですが、自分で海外の病院や大学に申し入れる場合もあります。そのような場合は特に、面接がものをいいます。Skypeで面接できることもあるようですが、多くの場合、現地に飛んで面接を受けます。面接内容は、これまでのあなたの実績や研究内容、なぜわざわざ留学してまで学びたいのかなど、日本の転職でも聞かれるような当たり前のことを、英語で聞かれますから、しっかり準備して臨みましょう。

著者:ishi

【医師転職】アルバイト・非常勤の面接について

医師のアルバイトや非常勤として働きたいと思っているなら、履歴書の用意と面接準備が必要です。面接は、どのように準備すればよいでしょうか。

医師の面接だからといって、ほかの仕事の面接と全然違うということはありません。まず大切なのは、志望動機です。働きたい職場の体制やポリシーをよく理解しておくことが大切です。それから、あなたがアルバイトや非常勤として働きたいということは、あなたのメインの職場は別にあるということですから、何をおいてもその職場で働きたいというのではないというわけで、どのような条件で働かせてほしいのかを明確にしておく必要があります。勤務日数や勤務時間、給与面などの条件は、ご自身の中で整理しておきましょう。

年収アップのためにアルバイトや非常勤として働きたいという場合、やはり給与面が気になるところだと思いますが、なかなかご自身では交渉しづらいという方もいらっしゃるでしょう。そのような場合は、求職先とあなたの間に専門のコンサルタントさんが入ってくれて、交渉はコンサルタントさんに任せておけばよいというような求人サイトを利用するのがおすすめです。これから働かせてほしいと思っている職場に好条件を突きつけるのは心苦しい医師の方も多いので、ぜひ利用してみてください。

著者:ishi

【医師転職】面談・面接時によく聞かれる質問について

医師が転職を考えたとき、まずは転職希望先の人事と面接・面談があります。
医師だからといって、面接・面談は避けて通れないものです。
必ず人事は直接会って、医師がうちの職場に必要な人間か?医師として貢献してくれるか?
様々なことを知るために質問をしてくるでしょう。

では、どのような質問がされるのか。
よく聞かれる質問を紹介します。

まず、自己紹介・自分の得意や不得意は自己アピールのひとつとして必ず聞かれます。
自己紹介は名前や年齢以外にも、以前の所属医局や転職先での所属医局の希望なども聞かれます。

そして転職する理由や、転職先でどのような仕事をしたいのかももちろん聞かれます。
これは転職希望先の病院の経営方針や医療方針などを調べておくと、スムーズに応えることができますよ。

もちろん医師としての経歴・実績も聞かれます。
これは以前の研究内容や仕事内容などを詳しく書類などにまとめて、職務経歴書と一緒に提出しておくといいですね。
書面にすることで人事担当者もわかりやすいですし、自分も書類に書くことで整理することができ話しやすくなります。

さらに医師として今後のキャリアプランをどう考えているか?
今までの経験をどう活かしていくか?
ここまで考えておきましょう。
これらもよく聞かれる質問です。

このように、医師の転職時の面談・面接時には様々なことを質問されます。
あらかじめ質問される内容を想定し考えておけば、当日あわてることもないでしょう。
事前に回答を準備しておくことをおすすめします。

著者:ishi

【医師転職】面接・面談時のマナーについて

医師が転職活動をするときに、必ず受ける面接・面談。
初めて受けるわけではないけれど、面接・面談時のマナーについて悩んでいる方もいることでしょう。

そこで面接・面談時の必要最低限のマナーについて書いておきます。

まず服装について。見た目は第一印象を決める重要なポイントです。
無難にスーツがいいでしょう。
女性ならばスーツか綺麗めなワンピースなどもおすすめです。
髪型についても、清潔感を持つために短髪にする・髪の毛をまとめておくことはしておきましょう。
男性は髭をそる・女性は清潔感のある薄めのメイクがおすすめです。
靴についても意外と人事担当は見ているもの。
前日までに履いていく予定の靴を磨き、傷や汚れがないか確認しておきましょう。

そして当日は、時間に余裕を持って行動してください。
もしどうしても遅刻してしまう場合は、早めに担当者へ連絡を。
日本は得に時間厳守社会ですし、社会人として時間を守るのは当たり前のことです。

面接・面談時は入室・退室時の挨拶はもちろんですが、出来る限り明るい雰囲気ではっきりと会話をするようにしましょう。
人事担当者は、仕事が円滑に進められるようにコミュニケーション能力も見ているものです。
履歴書に職務経歴や今までの研究や論文などの内容は書いてあるかもしれません。
しかし、履歴書を見てもわからないのがその人の「人柄」や「コミュニケーション能力の有無」です。
自分をアピールするために、明るく・はっきりと話すことを頭にいれておきましょう。

これだけ抑えておけば、当日もあわてることなく上手に面接・面談を進められることでしょう。
技術があるだけでは医師の転職はうまくいきません。
ここに書いたことを忘れずに当日臨んでください。

著者:ishi

【医師転職】面談・面接時の自己紹介の仕方について

医師の自己紹介の仕方

医師の転職時には、転職希望先の人事担当者と必ず面談・面接があります。
履歴書や職務経歴書は持参しますが、面談・面接時にはそれらを見ながら「自己紹介をお願いします」と言われることでしょう。

では、面談・面接時の自己紹介についてお話します。
まず事前準備として、数日前から転職希望先の医療に関する考え方や経営方針は調べておきましょう。
自己紹介時にはこれに沿ったことを応えるのがおすすめです。
自分の名前はもちろん、自己紹介時には志望動機やこれまでの経歴や医療に対する自分の考え方を話すことが自分のPRになります。
人事担当者に、自分がこの病院にきたらこのような医療で貢献したい。
そうPRすることで、担当者に好印象を与えることができます。
医療に対する考え方が正反対の医師では、担当者も採用したいとは思えませんからね。
事前準備をしっかりすることで、当日の自己紹介もスムーズに行くことでしょう。

ちなみにただ淡々と自己紹介をするのはおすすめできません。
はっきりと・できるだけ明るく話す。
目線は担当者をしっかりと見て。
当たり前のことですが、意外とできない方も多いので話し方についても当日を想定して練習しておくと安心です。
このような話し方や態度は、自信を持って仕事をしてくれるという担当者へのアピールになります。

人事担当者へ自分を上手にアピールするために、事前準備をしっかりと行い当日に備えてください。

著者:ishi

【医師転職】面接の前にある面談。一体面談と面接は何が違うのか?

医師転職における面談と面接の違いとは?

医師が転職をしようとすると、まず転職希望先の人事担当者と会うのは当たり前のこと。
しかしそのとき「面談」と「面接」の2つを提示されると思います。

今これを見て、面談と面接の違いをすぐに言える方は少ないでしょう。
では、面談と面接の違いを簡単に説明します。

まずは面談です。
面談とは転職希望者と担当者の顔合わせのようなものです。
具体的にいえば、採用は決まっていて顔合わせをして相性を見るような場だと思ってください。

それに反して面接は、採用が決まっていなくて担当者が転職希望者を選考する場となります。
採用するか?不採用にするか?
希望者に様々な質問をして、人間性などを見て判断する場所になります。
そのため希望年収や希望勤務日以外にも、志望動機や臨床経験・専門医や認定医の資格などの有無など、質問をされたら応える必要があります。

要するに面談は少し敷居が低いですね。
面接はこれから採用になるか不採用になるか?
見極めの場所となりますので、様々な質問を想定し準備していく必要があります。

これを知っておかないと、転職活動時に失敗する原因となってしまいます。
これから転職を考えている方は、面接なのか?面談なのか?
必ず確認しておくようにしましょう。

ちなみに面談だからと言って、あまり力を抜きすぎると不採用になることもありますよ。
服装や受け答えなど、面接と同様に準備をしておくと安心できるでしょう。

著者:ishi

【医師転職】履歴書の書き方について

医師の履歴書の書き方

転職時の面接・面談には、必ず履歴書を持参することになります。
履歴書は人事担当者に、自分がどのような人物であるか?これまでの職歴や臨床経験を知ってもらうための重要なものです。

そこで、履歴書の書き方のコツを紹介します。

まず写真の用意。
履歴書には3ヶ月以内に撮影した証明写真を使う決まりがあります。
新しく写真を撮っておくといいでしょう。

学歴には中学卒業あたりから記入するのが一般的です。
高校・大学と記入していきますが、公立・私立や学部や学科などまで詳しく書きましょう。
このときに表彰歴などもあれば、アピールのために書いておくといいでしょう。

資格や免許の欄には、医師免許や専門医・認定医などの資格以外にも所持しているものは全て書いておきましょう。
直接医師として働くことに関係のないものでも構いません。
業績欄には学会での発表論文・高騰論文などを書いておきましょう。

志望動機についてですが、これは書く前に転職希望の職場についてよく調べてから書きましょう。
職場の方針や医療機関で行っている研究内容など。
それらに興味がある・このようなことをやって貢献したい。
これらを書くとアピールにつながるでしょう。

そして忘れてはいけない「職務経歴書」です。
これについては決まった書式はありませんので、パソコンのWordなどで研修医から書いていきます。
症例数なども書いておくといいですね。

できるだけ細かく詳しく書いておくことをおすすめします。
関係ないようなことでも、担当者がそれを見て話を広げるきっかけになることもあります。
自分のことをよく知ってもらうために、履歴書は詳しく丁寧に書きましょう。

著者:ishi

【医師転職】面接時のポイント!成功する転職はこれで決まる!

医師転職における面接時のポイント!

転職に慣れている医師ならまだしも、転職が初めてという医師にとって面接については未知のものでしょう。
医師が転職するときの面接時のポイントを知っておくと、初めての人でも少しは不安が解消されるでしょう。

では、面接時のポイントとは?
まず服装は正装で。
スーツ着用・髪型も清潔に・女性ならば軽くメイクをしておくといいでしょう。
医局で忙しく過ごしていると、どうしても見た目に気を遣うことも難しくなりがちですよね。
いつも通りの格好で行くと、人事担当者に驚かれてしまいますよ。

もちろん面接時に何を質問されるかも、考えて答えをあらかじめ考えておきましょう。
例えばなぜこの求人に応募したのか?というのは当たり前のこと。
現在の医局のことやこれまでの職務や経歴について、医師として何を心がけているのか…
これらのことは、質問されてもスムーズに応えられるように準備してください。

医師は人手不足と言われていますので、あまり一般の面接よりも厳しくはないと言われています。
しかし、最初から聞かれてもいないのに給与や待遇面などを聞きすぎると、悪い印象を持たれてしまい不採用となってしまうこともあります。
いくら人手不足でも、人間面で問題ありと判断されれば採用は見送られてしまいます。
その点は注意してください。

著者:ishi

【医師転職】面談時の注意点!病院担当者が見ているポイント

医師転職における面談時の注意点!

医師の転職時には、人事担当者が面接を行うことが多いですよね。
では、医師転職における面談時の注意点とは?
簡単にポイントをまとめておきます。

まず服装ですが、スーツ着用をおすすめします。
最近では会食をしながら面談も…ということもあるそうですが、それでもスーツがいいでしょう。
見た目で第一印象が決まりますので、服装は正装のスーツ・髪型やメイクなどもきちんとした格好で行きましょう。

また面談時の態度も注意してください。
待遇がいい求人は、もちろん人気の求人です。
多くの転職を考えている医師が殺到するでしょう。
そのため、できるだけ好印象を持ってもらうために、高圧的な態度や発言は避ける・面接時に質問されることを想定し返答を考えておく。
これらの準備をしておきましょう。
特に「何か質問などはありませんか?」と聞かれる面談は多いもの。
このときに「特にありません」では、人事担当者に好印象を持ってもらうのは難しいもの。
何かしら考えておくといいと思います。

もし面談時のことで不安があるならば、最近は医師専門の転職サイトもあります。
コンサルタントが面談時のアドバイスをしてくれることもありますので、相談してみると良いでしょう。