【医師転職】医師の転職でもコミュニケーションは重要?

著者:ishi

【医師転職】医師の転職でもコミュニケーションは重要?

医師免許は、数ある国家資格のなかでも特別なものです。持っていれば一生困らず、日本中どこでも働くことができる資格です。とはいうものの、だからといって簡単に転職ができるかというと、そうではありません。

医師は、激務の割に給料が低かったり、結婚や出産などといったライフスタイルの変化に伴って時短勤務をしたかったり、もっと研究をしたい/もっと手術をしたいなどといったスキルアップについての目標があったりしたときに、転職を考えますが、医師免許さえもっていたら、だれでも好きなところに転職できるわけではありません。

医師の転職でも、一般企業と同様に、コミュニケーションスキルもある程度必要です。テレビドラマなどでは、ゴッドハンドと呼ばれるような優秀な医師が一匹オオカミで治療していたりしますが、現実世界に協調性は欠かすことができません。訪問診療や外来で患者と接する際にも、患者の話を聞いたり、患者がうまく伝えられない苦しみをくみ取ったりする必要があります。ですから、医師の転職時の面接では、いかにコミュニケーションができるかもチェックされています。

医師もサービス業のひとつと考え、医療の腕だけでなく、コミュニケーションスキルも身につけましょう。医師の腕前とコミュニケーションスキルがあれば、あなたを待っている職場はきっとたくさん見つかります。

著者について

ishi editor