医師転職における【面接】成功法!

医師の面談・面接の成功法!
医師転職における【面談・面接】の成功法!

医師の方で現在の職場に不満がある・キャリアアップを狙っている・勤務時間や給与面で待遇を変えたい。
そう考えて、現在転職を検討している方もいるでしょう。

では、医師が転職を考えたとき。
転職先の人事担当との面接・面談で何を見られているのか?
何に気を付ければいいのか?
わからずに悩んでいる方もいると思います。

そこで医師の転職時に、面接で何を求められているのか。
いくつかのポイントを紹介します。

まず面接で聞かれることについて。
当たり前のことですが、勤務可能時間や希望給与など待遇については聞かれるでしょう。
あらかじめ希望条件を考えておくと、スムーズに受け答えできると思います。
もちろんこれまでの臨床経験や専門医や認定医の資格の有無なども、面接では重要ポイントとなります。

そして面接で何を見られているのか?
それはどの職種でも同じこと。
医師の経験、スキル、専門医の資格以外の部分は、大方「人間性」だと思ってください。

どこの職場でも、人間関係が円滑に進められるような人間性であるか?
いくら技術が優れていても、人間関係を悪化させるような人はどこの企業も欲しがりません。
それは医師も同じこと。
特に医療現場は医師・看護師など、多くの人がチームを組んで取り組むため、人間性は最重要ポイントとも言えるでしょう。

そのため、面接官とは円滑に会話を進められるように明るい雰囲気で会話をする・説明をよく聞く。
今まで転職で失敗した方は、これらを行っていない方も多いのです。

この医師にぜひ来てほしい。
そう思われるために、技術面だけでなく人間性も見てもらえるように心がけておきましょう。

本来の自分自身の性格や考え方はおいていても、面談・面接方法を知っていれば高評価を得る事ができる!

人間性が大事だと言われても、実際の自分自身の人間性を考えた時に、求められる人間性ではない・・・と思う医師の方もいるかと思います。
ただ大事なのは人間性を変えるというのではなく、自分中心の考え方や我を通さず、協調性やチームの一員として立ち振る舞え得るかどうかという事です。
ですので、ここで言いたいのは心構え次第、つまり努力次第で面談、面接だけでなく、転職したあとの病院でも良好な人間関係を構築する事が出来、健やかな医師生活を送る事ができるという事です。
面談や面接時に面接を行う病院側も医師がチームの一員として、病院全体として大きくメリットがあるかどうかで採用を考えている事を理解して、面談・面接にのぞみましょう。

面接や面談において、転職を繰り返した医師の失敗事例を綴ったブログがとても参考になりましたので共有しておきます。

医師転職の指南書

面接や面談における失敗事例も参考になるだけでなく、さすが転職を繰り返しているだけに、転職における反面教師になってもらえる内容です。

本サイトでは、面談、面接における内容において記載しておりますのでそれ以外の情報について参考にしてみてはいかがでしょうか。